副業・ブログ

【テンプレ公開・パクってOK】ブログ記事のテンプレ作って、毎日更新をラクにしよう!

2020-06-10

ブログ記事のテンプレート

こんにちは、リカです。

ジェリー

記事をゼロから書き始めるとすごく時間がかかる…
もっと短くいい記事が書きたい!

トミー

プロブロガーが公開してるテンプレは難しすぎてマネできない…
もっとカンタンな初心者向けはないのかな?

そんな悩みを解決します。

 

この記事で分かること

  • 初心者でもすぐ真似できる記事のテンプレ
  • テンプレを使う手順
  • テンプレを使っても書けない時の対処法

 

ブログを始めて5ヶ月目ですが、今月は毎日更新が出来るようになりました。

毎日投稿できる理由の一つが記事のテンプレ化です。

 

これまでいろんなブロガーさんの記事テンプレを有料でもたくさん学んできました

一口に「テンプレ」といってもさまざま…

難しすぎるものもあれば、カンタンすぎるものもある…

 

なので、複数のプロブロガーに重なっているポイントを取り入れたうえで

「文章が苦手な初心者でも書きやすいテンプレ」に落とし込みました。

ここで紹介したテンプレはそのままパクってOKです!

ぜひ試してみてくださいね。

皆さんの参考になれば嬉しいです。

 

それでは、さっそく解説してきます!

 

すぐマネできる記事のテンプレ

ブログ記事テンプレの手順

テンプレの下書きとプレビュー画面を紹介

はじめに、毎回使う記事のテンプレを紹介します。

下の図にあるように、ワードプレスの投稿記事の下書きに、こんな感じで作っておきます。

テーマはアフィンガーを使っています。

すぐマネできる記事のテンプレ

 

プレビューで見るとこんな感じです。

すぐマネできるブログ記事テンプレ

 

構成を文字にすると、こんな感じです。

・あいさつ

・悩み(吹き出し2つ)→解決します!

・この記事で分かること3つ(ボックスで箇条書き)

・この記事の信頼性(文章でもボックスでもOK)

・見出し2を2-3つ(この記事で分かることを見出し2にする)

・まとめ

・最後のあいさつ

プロブロガーさんたちの記事見てると、この構成の方々が本当に多いです。

ぜひマネしてみてください!

 

テンプレをカスタムするときのポイント

いろんなプロブロガーさんの教材で大事と言われてたのが「記事の信頼性」を示すことでした。

多くの記事からこの記事を信じる理由が分からないと、他の記事を探しに行っちゃいますよね。

なので、信頼性として、数値データなど明確にわかりやすいものを文章や箇条書きで示しましょう

なかなか難しいですが、この記事の場合は、冒頭に書いた、

「いろんなプロブロガーさんの教材に書いてあったことだよ」というのが信頼性になります。

かなり弱いですが、こんなのでも書かないよりよいそうです。

また、書くクセをつけておくのも大切ですね。

 

テンプレを使う手順

テンプレを使う手順を説明します。

前準備、構成をセット、記入する時のポイントに分けて説明します。

前準備

0.下書きに、テンプレを一つ作る

記事のテンプレを毎回入力するのは大変です。

コピーする原本を作っておきましょう。

タイトルは、「記事テンプレ」などにしておくとわかりやすいです。

 

構成をセットする手順

それでは、構成についての手順です。

 

1.テンプレをコピーして新規作成する

2.書きたいことを長くなってもいいのでとりあえずタイトルに書く

3.応えたい悩みを吹き出しに書く。

4.悩みの解決策として「この記事で分かること」を2〜3つ書く

5.見出し2のところに、4.を当てはめる(全く同じでなくてもOK)

6.見出し2の直下に画像を入れる。アイキャッチもついでに設定する。

7.記事の信頼性(になりそうなこと)を箇条書きか文章で書く

8.各見出しの中身を埋める文章を書く

9.「まとめ:(結論をここに書く)」の見出し2が必要であれば追加してまとめる

10.最後にアイキャッチとタイトルを確認して、公開!

 

手順はこんな感じ。

順番についてのポイントは、次で説明します。

 

テンプレ書く手順のチェックポイント

テンプレを書く手順のチェックポイントを説明します。

何でその順番なのか、など理由を書いています。

理由が分かれば、自分のやりやすいようにカスタムもできると思います。

 

タイトルは絶対最初に書くけど、ザツでいい

最初に「タイトルは書いておく」のが大切です。

きれいな言葉にならなくてもいいので、書きましょう。

それがないと、なにを書いてるのかわからなくなります。

書き上がりをみて最後に、タイトル字数や読みやすさ、キャッチーさを考慮してキレイにしましょう。

 

一つの結論で説明できる「悩み」を設定すべき

3.の「応えたい悩み」は、本来なら一つにまとめられたほうがいいです。

一つの記事で一つの結論が基本なので。

私は悩みをまとめるのがヘタなので2つの吹き出しを使っています。

将来的には一つにしていきたいと思ってます。

 

画像装飾のタイミングは、ぶっちゃけいつでもいい

5.で画像を入れているのは、先にイメージを掴むためです。

あと、書き終わって疲れたあとに画像探すの大変なので…。

なので、取り掛かりやすいタイミングで大丈夫です。

ちなみに、見出し2の直下に入っているのが読みやすいらしいです。

そう言われればそんな気も…くらいですが、場所を考えても分からないので見出し2の下に入れてます。

 

一つの見出しで書いていいのは、6−7行まで!

8.の各見出しの中身を書いていく時は、一つの見出しで6−7行くらいまでが良いです。

長いと読みにくいんですよね。

私はついつい長くなってて、分けなきゃな〜と思ってます。

見出し3を使っても良いので、一つの見出しで6−7行がひとまとまりになるようにしましょう。

 

まずは出来る範囲から始めてみよう

こんな感じでテンプレが決まると、書きやすさは圧倒的に向上します。

まずは、自分のできる範囲でいいので、テンプレを使ってみましょう。

私は最初、見出しを先に決めることができなかったので、それ以外のところをテンプレにしてました。

そうすると、だんだん見出しも決められるようになってスピードもアップしました。

まずは出来る範囲からやってみるのをおすすめします。

 

テンプレを使っても書けない時の対処法

そうはいっても全然書けないーーー!

という場合。

こんな場合は、Twitterを使います。

ブログって、長い文章を書かないといけない気がしてしまいます。

でも、Twitterのツイート3つとかなら、すぐかけそうな気がしませんか?

140文字全部埋めなくていいので、写真+文章みたいな感じで、3ツイートくらい、連続ツイートしてみてください。

それで1記事になるんです。

 

「ス・まとめ」というサイトを利用しよう!

「ス・まとめ」というサイトに、連続ツイートを自動で記事にしてくれるbotがあります。

詳しいやり方はこちらの記事を見てください。

>>Twitterの便利機能:「@matomesu まとめて」と打てば、ツイートを記事にしてくれる!!

こんな感じで、1日の日記みたいな記事ができます。

このス・まとめに投稿し始めて、無駄に文章を長く書かなくなりました。

残念ながら素人が書いた長文ほど、読みにくいものはありません……

なので、できるだけ完結にわかりやす書きたいですよね。

その訓練としてとても良いです。

(あ、また長文になってしまった…)

 

ちょっと脱線して豆知識:パスカルの名言

今日は時間がなかった為に、このように

長い手紙になってしまったことをお許しください

これは、「人間は考える葦である」で有名なパスカル が、友人に宛てた手紙の一部です。

こんな感じで、文章が上手な人ほど、短文で書くことのほうが素晴らしいことをよくわかっています。

SEO対策とかいろいろで長文を書く場合もあると思いますが、読者のためにわかりやすい短文を訓練していきましょう。

 

まとめ:テンプレを自分用にアレンジして毎日投稿をラクにしよう!

ここまでいかがでしょうか?

参考になっていれば、有り難いです。

記事のテンプレは、パクって使っていただいてOKです。

これからも、ブログライフを一緒に楽しみながら続けていきましょう!

 

リカ

今日も最後までお読みくださり

ありがとうございました!

次の記事でお会いできるのを

楽しみにしています!

リカ @rika3hakase

-副業・ブログ

Copyright© リカ先生の教育パーラー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.